拡大読書器導入事例奈良県立盲学校

カタログ
Catalogue
掲載製品のカタログを見る

今回導入いただいた製品

今回ご紹介した製品

製品情報

見え方や生活スタイルは人それぞれ。
読書器選びは自分に合ったものを!

奈良県立盲学校

奈良県立盲学校

奈良県唯一の視覚支援教育を専門に行っている奈良県立盲学校。こちらでは年2回福祉機器展を行うことで、生徒のみならず外部の方にも情報提供を行っています。
今回は奈良県立盲学校の本谷孝一教頭と、実際に読書器をお使いの北村穣先生に機器の使い心地や新製品「クローバーブック」の紹介をさせていただきました。

今回導入いただいた製品

据置型拡大読書器
クリアビューC HD22のイメージ写真

クリアビューC HD22 価格226,000円(非課税)

最新フルHDカメラを採用し、高細密な映像を実現した据置型拡大読書器。アルファベットのCをイメージしたフォルムで、新聞や大型書物の快適な読書、手芸など多様な場面で活用できる。テーブル前部に内蔵された着脱式コントローラーの取り付け向きを変えるだけで簡単操作、高機能操作を切り替えることができる。

クリアビューC HD22
の詳細はこちら

読書器の購入方法

ベルマーク教育助成財団による寄贈。

機器選定のポイント

シンプルで扱いやすいボタン配置。

導入効果

ライン機能や位置表示機能によるによる誤読の減少。

公共施設で購入する場合は初めて使用する人でも操作が分かりやすい機種を選ぶのが良いと思います。

奈良県立盲学校本谷 孝一 教頭 、北村 穣 先生

1拡大読書器を導入するまで

―― 導入の経緯について教えてください
本谷教頭:普段学校で購入する際は入札という形になるのですが、今回はベルマーク教育助成財団様より、寄贈という形で読書器を導入することができました。読書器を購入できる機会も多くはないので、こういった形で寄贈していただけるのは非常にありがたいですね。。
―― 拡大読書器はどのようにして選びましたか?
本谷教頭:長期間使用するものになるので、できる限り使いやすく性能の良い最新のものを選んでお送りいただくようにしました。
また、奈良県立盲学校では年2回、福祉機器展を開催しております。その際に新しい製品の情報を確認して、次回購入する際の参考にしております。 福祉機器展には学生だけでなく外部からも見学に来られる方もいますので、当事者への情報提供の場としても福祉機器展をご利用いただいております。
インタビュイー 

2拡大読書器の導入後

―― 実際に使用されてみて、使用感はいかがですか?
北村先生:特に不満はなく使用できていますね。ワイド表示ボタンを利用して現在文章のどこまで読めているのかが確認できる点や、ライン機能によって読み間違いが減る点がいいですね。
XYテーブルの可動域が広く、かなり奥まで動くので本を動かさずに読み進められるのは楽ですね。
また、モニターの後ろに持ち運び用の取手があるのも便利ですね。ただ、本体は約16kgと重いので持ち運ぶ際は気を付けています。 拡大・縮小や色変更など基本的な操作以外の機能のボタン配置も分かりやすいので、使い慣れていない方でもすぐに使えるようになると思います。

ワイド表示ボタン:ボタンを押すことで自動的に最小倍率にズームアウトし、画面の中心を示す十字マーク(位置表示)が表示され、全体のどこまで読み進めたのかを確認することができます。

―― 実は本日新商品の「クローバーブック」をお持ちしておりますので、ご紹介させてください。
北村先生:(操作説明をした後)とてもいいですね!重量も軽く持ち運べるので教室の移動もしやすいですし、タッチパネルでも操作ができる点はとても魅力的です。
XYテーブルを利用した読書も便利で良いのですが、タッチ操作でスクロールができるのでより快適に読み進めることができますね。文章の行替えの際にも画面端を2回タップすると読み始めの位置に戻ることができるので、受験生など正確で素早い読書が必要な方にも喜ばれる機種だと思います。
他にも遠方と手元の切り替えがボタン一つでできる※など、機能の多さに驚きました。
これまでの読書器に比べると価格は上がりますが、十分その価値はあると思います。私も数年前に読書器を購入したばかりですが、欲しくなりましたね(笑)。
クローバーブックについての詳細はこちら

遠方と手元の切り替え機能はクローバーブックのみ

クローバーブック

3終わりに

―― 最後に、記事を読まれている方々にメッセージをお願いします。
谷教頭:昨年ドラマでも盲学校について取り上げられていたように、弱視は人によって見え方が異なります。個人で購入される際はそれぞれの見え方・生活スタイルに合った読書器を選んで購入してもらえればいいですし、学校や図書館など公共施設で購入する場合は初めて使用する人でも操作が分かりやすい機種を選ぶのが良いのかなと思います。
―― 本日はお忙しい中貴重なお時間を頂きましてありがとうございました。
奈良県立盲学校外観
奈良県立盲学校ロゴ

奈良県立盲学校

奈良県唯一の視覚支援教育を専門に行っており、幼稚部、小学部、中学部、高等部(普通科、保健理療科)、専攻科理療科がある。
幼稚部から高等部普通科までは、一人一人に合わせた学習を、理療科(保健理療科・専攻科理療科)は職業課程で、あんま・マッサージ・鍼・灸の専門的な技術を学び、国家資格の取得を目標に学んでいる。

今回導入いただいた機種

据置型拡大読書器
クリアビューC HD22のイメージ写真

クリアビューC HD22 価格226,000円(非課税)

最新フルHDカメラを採用し、高細密な映像を実現した据置型拡大読書器。アルファベットのCをイメージしたフォルムで、新聞や大型書物の快適な読書、手芸など多様な場面で活用できる。テーブル前部に内蔵された着脱式コントローラーの取り付け向きを変えるだけで簡単操作、高機能操作を切り替えることができる。

クリアビューC HD22
の詳細はこちら

カタログ

クリアビューC HD22
のカタログを見る

製品についてのお問合せ

ご紹介した新商品

据置型拡大読書器
クローバーブックのイメージ写真

クローバーブック 価格259,000円(非課税)

ノートパソコンのように折りたたむことができ、省スペース、軽量でご自宅・学校・職場と場所を選ばずどこでも利用できる。タッチ・ボタン両方で操作可能、A4サイズ丸ごと表示可能など、多彩な機能が搭載されている。遠方カメラ搭載、遠方と手元をワンタッチで切り替えることが可能。遠方カメラの搭載されていないクローバーブックライト(229,000円非課税)も好評発売中。

クローバーブック
の詳細はこちら
導入事例一覧はこちら